どうやったら歯周病を予防できるの?

ブラッシング

歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です。

歯科医院での定期的なケアと家庭における日々の正しいブラッシングが重要になってきます。

専門家である歯科医師、歯科衛生士の指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。正しいブラッシング方法をしていないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていってしまいます。

まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。当院は、歯周病の治療に力を入れています。分かりやすく口腔内の状態、その改善方法をご説明します。

歯周病治療の流れ

STEP1
諸検査
レントゲン撮影、歯周ポケットの深さ、炎症の有無、プラークコントロールが出来ているかどうかの検査をします。 STEP1 諸検査
STEP2
治療計画
検査をもとにこれからの治療計画を作成、ご説明します。
STEP3
基本治療
歯磨き指導
正しい歯磨きの仕方をトレーニングします。
歯石取り
歯についた歯石を「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取り除きます。歯石の付着度合いにより異なりますが、約2回に分けて行います。
STEP4
歯周ポケットと出血の検査
※中等度以上の患者さま
歯磨き指導と歯周ポケットの検査を行い、改善状況によっては、治療計画の修正を行います。
STEP5
歯周ポケット内の歯石取り(スケーリング)
歯肉の奥深い所迄、歯石が付着している場合に、その付着度合いに応じて約1~6回に分けて行います。
ルートプレーニングを必要とするこの段階の歯牙は、既に強い毒素を持つバイオフィルムが形成されています。
この治療により歯石除去とバイオフィルムの破壊を同時に行っていきます。歯石取りで痛みを伴う場合には、麻酔を行います。
STEP6
再評価
歯周ポケットの検査を行い最終チェックをします。歯磨き指導、知覚過敏の処置も行います。その結果、必要な場合には歯周外科を行います。状態が改善していれば、治療は一旦終了し、定期的な健診をお受けいただきます。
STEP7
歯周外科
歯周病が進行している場合は、さらに歯周ポケットの改善を行うための歯周外科処置も行います。
STEP8
定期的健診
口腔内の状態に応じた期間で、定期健診(リコール)をお受けいただきます。歯周病は、患者さんの歯磨き(セルフケア)がなければ改善しない病気です。

歯周病治療へ|