インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合に、天然歯の代わりに顎の骨に埋め込む人口歯根です。人口歯根の種類には多数あり、材質はおもにチタンが使われます。
インプラントはどうしても取り外しの義歯が受け入れられない人、歯を削ってブリッジにする方法に抵抗のある人などに適応されます。

インプラントはどのような方におすすめなの?

  • 入れ歯の取り外しが面倒な方
  • 口の中で入れ歯が動いたり、はずれやすく不快な思いをしている方
  • 会話をしているときに入れ歯が見えて恥ずかしい方
  • 歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削られたくない方
  • 前と同じ天然歯のような歯を望まれる方

インプラントの利点と欠点

インプラントの利点 インプラントの欠点
・自分の歯と同じように噛め見た目も自然な仕上がり
・違和感が少ない
・周囲の健康な歯を削らなくてよい
・きちんとケアを行うことで、治療効果が半永久的に持続
・観血的な手術が必要
・インプラントが骨と接合するために治療期間が少し長くなる
・全身の状態および骨の状態によっては適応できない場合がある
・保険が適用できないため、高額な費用がかかる

インプラントと従来の治療法との比較

  従来の治療法 インプラント
ブリッジ 周りの健康な歯を削ってブリッジにする。 周りの健康な歯はそのまま維持した状態で欠損部分にインプラントを入れる。
着床(部分入れ歯)タイプ 入れ歯を固定するために金属のバネがかかるため見た目も機能も違和感を伴う。 インプラントは入れ歯ではないので違和感がほとんどなく見た目もきれい。
総入れ歯 入れ歯がズレたり食べ物が内側に入って痛みが生じる。 インプラントはしっかり固定されるので入れ歯のような不快感がない。

インプラント治療の流れ