インプラント治療の流れ

STEP1 診断

まずは、インプラントに必要な診査と診断を行います。歯科用レントゲンを撮り、残存している歯の状態、インプラントを埋める骨の状態、インプラントのサイズを調べ計画を立てます。(個人によりCTレントゲンが必要となります。)

↓

STEP2 一次手術

最初の手術はインプラントを埋入する手術です。
まずインプラントを埋入する部分の歯肉を開き、顎の骨に埋入します。
続いて開いた歯肉を縫い合わせて閉じます。
この手術は局部麻酔で行います。入院の必要はありません。
この後、しばらくの期間を置いて骨とインプラントが結合するまで待ちます。
期間は個人差がありますが、下顎で 3ヶ月、上顎で6ヶ月程度が目安です。
この間は、必要に応じて仮の歯を入れます。

↓

STEP3 二次手術

人工の歯を取り付けるために歯ぐきを開いて、インプラントの土台を装着します。
そしてそこにヒーリングアバットメントを装着します。
その後、3週間から1ヶ月ほど歯肉の治癒を待ち必要に応じて仮の歯を入れます。
この間は、やはり必要に応じて 仮の歯を入れます。

↓

STEP4 歯の装着

歯ぐきが治った時点で歯を製作するために型をとり、その型に従って人工の歯を製作します。インプラントの本数により完成までの行程に差が生じます。(かみ合わせをとったり、金属フレームの適合具合や歯並びの確認をして、1ステップづつ確実に仕上げていきます。 )
製作した人工の歯を支台部(支台部とは歯を直接支える部分)に装着して、完成です。

↓

STEP5 メンテナンス

当院ではアフターケアもしっかりと行なっています。
まずインプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行ない、歯垢や歯石の沈着を予防します。
調整が終わった後でも、3ヶ月から6ヶ月に一度の定期健診をすることで、何か問題がでても、早めの発見により問題が小さいうちに対処ができるので、定期的に検診を受け、診断なさることをお勧めしています。

インプラントを行う方へお願い

原因はいろいろですが、歯周病やむし歯で歯を失った方が多いと思います。その場所にインプラントを入れるということは、お口の中で危険な場所にインプラントを入れるということになります。

インプラントは一度入れたら一生大丈夫なわけではありません。自分の歯とも違いますので、必ず、定期的に専門家のチェック(ブラッシングのチェック、かみ合わせのチェック、専門家によるプロフェッショナルケアなど)をお受けください。しっかりした専門家のケア、そして定期健診(リコール)を持続して行わないとインプラント歯周炎になってしまいます。

インプラントとは