義歯(入れ歯)の作成

患者様ひとりひとりのご要望に合う義歯(入れ歯)を、丁寧に時間をかけて製作いたします。お顔に合わせた調整により、歯があった頃の明るく若々しい表情を取り戻すこともできます。初めての義歯(入れ歯)に不安がある方、現在義歯(入れ歯)でお困りの方もぜひ当院にご相談ください。

義歯(入れ歯)の種類

部分義歯(部分入れ歯)

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分義歯(部分入れ歯)による治療になります。保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分義歯(部分入れ歯)しかありませんが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプの部分義歯(部分入れ歯)があります。また、保険外の場合にはインプラントが可能となる場合もあります。

総義歯(総入れ歯)

歯が1本も残っていない場合には、総義歯(総入れ歯)による治療になります。健康保険適応の総義歯(総入れ歯)はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総義歯(総入れ歯)には様々なタイプのものがあります。

義歯(入れ歯)製作の流れ

STEP1
型取り
既成のトレーで入れ歯の入る顎の型をとります。大きいいればの場合には、この型で個人に合ったトレーを作ります。 STEP1 型取り
STEP2
精密な型取り
既成のトレーで入れ歯の入る顎の型をとります。大きいいればの場合には、この型で個人に合ったトレーを作ります。 STEP2 精密な型取り
STEP3
咬み合わせ
上顎に対する下顎の位置関係を調べます。 STEP3 咬み合わせ
STEP4
歯並び
ロウの上に歯が並んできます。歯並び・歯の形・長さ、口元の張り具合、咬み合わせ等を確認します。 STEP4 歯並び
STEP5
完成
入れ歯ができてきます。顎に強くあたるところや咬み合わせの調整をします。 STEP5 完成
STEP6
調整
新しい義歯(入れ歯)の多くは調整が必要です。それと同時になれることも必要になってきます。初めは違和感があると思いますが、調整をしながら使っていきましょう。(調整の回数は個人差があります。)

義歯(入れ歯)の種類

保険適用の義歯(入れ歯)と自由診療の義歯(入れ歯)があります。メリット・デメリットをご説明いたしますので、ご希望をお聞かせください。

  自費 保険
写真 金属床義歯 保険適用の義歯
材質 金属床義歯
プラスチック+金属(コバルト)
レジン床義歯
プラスチックのみ
特徴 ・うすくできているため違和感が少ない
・冷・温を感じやすいので自然の感覚に近い
・修理がしにくい場合がある
・厚みがある
・割れやすい
・修理しやすい
※保険の義歯は完成から「6ヶ月」は修理できません。

歯科往診・訪問診療のご案内

生協歯科では、高齢の方やお体が不自由な方で通院が困難な方のために、自宅まで伺い歯科往診(訪問診療)を行っております。

訪問歯科